スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

TWITTER講座3 使い方編その2

 2009-12-03
ツイッターの使い方のつづき。
ツイッターはなにも一人でつぶやくばかりではなく、特定の人にメッセージを送ることができます。

メッセージを送りたい人のつぶやきの右下に
RE

”返信”って項目があります。
そこをクリックすると つぶやきの入力部分の先頭に
@~~(~~はメッセージを送りたい人のID)が表示されます。
この続きに メッセージを書き込めば、 ~~さんに送ったメッセージと言う事になります。
しかし、これもあなたをフォロワーの人たちに丸見えなんですけどね。
あなたのフォロワーではない人にもメッセージを贈ることができます。

もし、特定の人だけにつぶやきを送りたい場合は。
この@~~の前に ”D "(D+半角スペース)をつける事によって、~~さんにだけ見えるつぶやきが送信できます。
他の人にはこのつぶやきはみえません。

こんな事をしながら、周りとコミュニケーションをとっていくわけです。

この他にも、RT(RETWEET) 現在 QT(Quote Tweet)と混同されて使われておりますが・・・。
RT @~~ ”・・・・・・・” というふうに使います。
これは、~~さんが、”・・・・・”とつぶやいていますっていうのをあなたのフォロワーに知らせる機能。
要は、”・・・・・”が何か面白いつぶやきだったり、重要なつぶやきだったりした場合に使ったりします。

~~さんのフォロワーとあなたのフォロワーはおそらく全員が同一の人たちではないでしょう。
この時に、”・・・・・”という情報を知らない人に知らせてあげる。
また、別のあなたのフォロワーがRTをすると RT @あなたのID RT~~ "・・・・・・”という風に
別の人に情報を広めていくことが可能です。
これをおこなうとねずみ算式に情報が広まって行きます。
現在、あまりデマに出会った事はありませんが、デマも瞬時に広がってしまうのがネックかもしれません。
(情報がデマだであったことも瞬時に広がりますがw)

そして、RTには本来はコメントを付けることができませんが、QTはコメント付きのRTです。
RTした情報の先頭にあなたのつぶやきが書き込まれる訳です。

こんなのしらないよ!! QT @~~ ”・・・・・・・”

とした場合 @~~さんがつぶやいた”・・・・・・”という情報に あなたが ”こんなの知らないよ!!”と
書いてつぶやきを行ったということになります。
TWITTER自体がまだ進化途中なため、現在はQTがあまり使われておらず RTで自分のコメントをつけてつぶやいていることが多いようです。

また、RTはTWITTERの公式ページでは英語版でしか使えません。(日本はまだ使えていません。)

情報を検索する場合に便利な昨日もあります。
ハッシュタグと呼ばれる昨日です。
文中(通常は文の末尾に) 半角スペース+#+英文字 をつけるモノをハッシュタグといいます。
ハッシュタグを付けるとハッシュタグをつけた文章のみまとめて表示することが可能です。
現在は、地域リーグ決勝大会向けハッシュタグ #chiketsu などが使用されています。
山雅の情報だけを集めるために #YAMAGAなんてのも可能です。

今回は、パソコンを使った場合の使い方をを書いてきましたが、携帯版は最近使えるようになった
ばかりなので、正直使いにくいってのが感想です。
なので、携帯版はうまく解説できません。すみません。

パソコン版の使い方を書いて来たわけですが、正直いって公式のページは使いにくい!!
ということで、パソコン用のTWITTERクライアント。
TWEETDECK 日本語検索できないが管理機能はピカイチ。IPHONE版もあり。
Tween
多機能なクライアント。
など、沢山のクライントがあります。もちろん、MACにもあります。
携帯版は MOVATWITTERが使い易いかも写真の投稿ができます。
これだけでなく、ドコモ携帯専用、AU携帯専用のものもあります。
そして、おそらく一番クライアントが充実しているのはIPHONEでしょう。
TWITTERを初めて IPHONEやスマートフォンが欲しくなったらTWITTER中毒です。間違いなく!!
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yamabaka.blog72.fc2.com/tb.php/62-42706030
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。