スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

松本山雅に『一目惚れ』♪

 2011-01-16
山雅な皆さん、こんにちは。

えぇ~っと、なるママから「しっかりやってこぉ~い!」とエールを送られ、
ベンチ外でのんびりと試合の傍観者となっていたところを「スーパーサブ」で出場を果たした、
R2ままと申します。

まずはじめに、私はサッカーについて「ど素人」です。
難しい専門用語もいまだによくわかりません。

ただ、「松本山雅」が好きな『山雅バカ』です。

あっ、そうそう!
そういえば、新しい『山雅戦士』として「松田直樹選手」が加入しましたね!
私のサッカーとの出会いは、『Jリーグ発足!』から始まります。
(もうすぐ発足20周年だってぇ~!)
そして、当時応援していたのはこの選手の前所属の「横浜・F・マリノス」です。
ちょっと、『縁』というものを感じてしまいました。
私のサッカーを知る原点は「マリノス」であり、「Jリーグ」でした。
(とはいえ、観た試合は「たけし軍団vsジャッキーチェン軍団」しかないんですが…

当時マリノスには「元日本代表の井原正巳選手」というDFが所属していたから応援していたので、
チームに対する愛着って言うのはありませんでした。

それが、どうしたことか今は『松本山雅FC』にはまり、
身の周りの数々の品がチームカラーの『緑』になり、
果ては「オレンジ色」の物を持たなくなり…

最初に『松本山雅FC』にであったのは、2006年のシーズン終了間際だったと思います。
HFL(北信越リーグ)は、夏のお盆の頃にはシーズン終了でした。
初めて行った「アルウィンの雰囲気」が素晴らしかった!

特に予定が無かった日曜日に、主人が何気なく「サッカー観に行こうよ!」と誘ってくれたのです。
我が夫ながら典型的な「出不精=ずくなし」で、子どもを理由にしないと出かけないような人でした。

それが、珍しく「出かけよう!」と誘ってくれる。
それだけでまず嬉しくて…そして、その試合はなんと「無料!」
めちゃくちゃ、魅力的でした。(笑)

そして、初めて「アルウィン」の場所を知り、立派すぎるスタジアムに驚き、
地元のチームのサッカーを観た時、無意識に応援していました。

緑のピッチの上で、顔も名前も知らない地元のチームの選手達が本当にひたむきにサッカーをしている。
この光景を見ただけで、すぐに「松本山雅」というチームが好きになりました。
俗に言う『一目惚れ』ってやつです。(笑)

でも、2007年アルウィンでの「全国地域リーグ大会」で、「応援するのやめようかな」と思いました。
私の悔しい思いとは裏腹に監督+一部の選手が凄くさばさばしていたので…
試合に負けて、ニコニコなんてあり得ない。

でも、その中に私の心を掴んだ選手がいました。
昨シーズンまで「No.8」をつけていた「オザッシュ」こと小沢修一選手。
いつも優しい目をしていて笑っているあの人が、悔しがって泣いていた…

そして2008年になり、ずっと気になっていた選手「オザッシュ」の『オザログ』を発見!

「山雅の広報活動」として始めたブログでしたが、選手の素の様子や思っている事を真摯に書き続けているその姿勢に好感を持ちました。
そして、ひたむきにボールを追いかけている姿に感動し、「この選手を応援していこう!」と自分に決めました。

今まで関わってくれた選手達の持っている『山雅魂』はこれからもチームに脈々と続いて行くだろうし、
続けていかなければならないと私は思っています。
まずは新加入選手を全員、『松本山雅FCの○○選手』にしなくちゃね!

そんなわけで、2007年はメインスタンドホーム側の定位置は、
2008年にゴール裏端から徐々に中央に場所を変え、
2009年途中からはなんと中央ブロックで、
しかも「チャント(応援歌)に合わせてぴょんぴょん跳びはねる=バモる」ようになりました。

それから、「山雅な仲間」が増えました。
いまだに、何処に住んでいて、なんてお名前の方なのか、
どういうお仕事してるのか全くわからない「仲間」が沢山います。(笑)
そんなこと知らなくても、山雅で盛り上がれちゃうですから…ほんとに不思議

「松本山雅FC」を中心に、老若男女で話題にしたり、応援したり…とにかく楽しい!
だんだん、最初に感じた頃の感動とは違う物を感じていて…
あぁ、そうだ!「子育て」に似ているなぁ~と。

話題の中心は「子ども=松本山雅」
今よりもっと良くしようと「あぁでも無い、こうでもないと」話題に上る。
そして、みんなで出来ることを協力しながら育てていく。
さらに、選手達の笑顔を見られるだけで、いろんな苦労が吹っ飛び元気をもらえる。

家族みんなが「松本山雅」でいろんな話をし、サポ&ファンのみんなで「山雅」を応援し、
松本を中心とする地域のみんなで話題に載せ応援してチームを育てていく。

こんな事書いても若い人にはぴんと来ないかもしれませんが、そんな感じだと思うのです。
そして、ひいては自分の住んでいる場所や故郷である『松本』をもっと好きになる。
こんな『万能のコミュニケーションツール』に「松本山雅」はなりつつあると思うのです。

あなたは今、松本山雅FCを知っていますか?
毎年、山あり谷ありのジェットコースターに乗っているようなチームですが、
きっと得るものはたくさんあると思います。
ぜひ、JFLという全国各地の試合を楽しんでみませんか?
そして、約2週間に1回開催される、信州松本の素晴らしいスタジアム「アルウィン」で試合を観戦してみませんか?
楽しい、人と人との「輪」がまた広がっていきますよぉ~!

生の試合で感じられる感動と素晴らしい雰囲気等得るものは沢山ありますので、絶対来て損はさせませんよ!
そして、あのゴールの時の「SEE OFF」と、勝利試合のあとの「勝利の街」、
それからタオマフのブンブン回しを味わったあなたはきっと「山雅バカ」の仲間入り間違いなし!
それでは、アルウィンでお会いしましょう!


と、途中こねくり回したボールを、自らシュートしとりあえずスーパーサブの役目は果たしたと思うので、
息切れして足をつってしまいました。(笑)
あなたの心に、シュート入りましたかね?
(なるママ、こんな感じになっちゃったけどいいかな?)

ここらで、選手交代をと言うことで、担架に乗せられて強制的に運ばれている私の代わりにピッチで暴れてくれるのは…

バカ会きっての北村隆二のような素晴らしい「バランサー」てきと氏です。
てきとさん、よろしくです!
コメント
素晴らしい!!
GJ!!
【2011/01/17 12:19】 | NARUママ #- | [edit]
みんな生粋の山雅バカですね 素敵ですヾ(^▽^)ノ
【2011/02/01 19:40】 | べいぶぅ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yamabaka.blog72.fc2.com/tb.php/105-4fc917df
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。